つわりの吐き気(吐き方)と漢方について

だいぶ、更新が途絶えてました💦
日記は子供の頃から三日坊主なので、今回は書く気になっただけマシかなぁ…(笑い)

7月から始まった地獄の様なつわり。
特に実家から自宅に戻った9日からは…
あまり記憶がないくらい吐きまくり…

結局、木曜日にお義母さんに頼り二日連続で点滴を打ちに意を決して行きました。
その前日の夜。
大袈裟なんですが…
死ぬときってこんな感じなのかなぁ…
死んじゃうのかな…
旦那さん。救急車呼んでくれないかな…。
言葉には出来ずにぐるぐると眠れず考えていた。
限界まで来ていたと思いました。

案の定、ケトン体は+3でしたが、2回の点滴以降は体が少し元気になってました。

次の週も吐きまくった日が続いたので点滴をしました。もうケトン値は元通りだったのですがその一回
でまた元気に!

何はどうあれ、一番大切なのは
吐くなら!
体力がある状態で吐くこと!
何も食べてない状況ではいちゃダメ!
食べたらとりあえず三時間は我慢!
三時間以降、気持ち悪くなったら水やお茶をとりあえず2杯程度飲んで吐く!
するとマーライオンの様にジャージャーでます!
食べた食物はほとんど出ずに、胃液と水と何だか分からないカスのみです。

あくまで私個人の見つけたやり方ですが…。

でもこれはつわりのはじめの週には使えない方法かも…(((^_^;)
はじめは口のなかが酸っぱくて何たべても美味しくないし。吐き方も分からなくて下手くそだし。
何しろ日常の全てが狂ってしまったようで自分が自分でいられなくなり怖かった。

でも、人って不思議。
そんな酷い状況下でも慣れてくると何かすこしでも改善できる様に知恵が働くんです。

吐き気もはじめは吐くまで、トイレの前に椅子を置いて座ったり…と悶々として…。
やっと本格的な吐き気が来てトイレで吐いてる時も小さくオエっ…って。上手く出せない。
音もなく可愛く吐いている感じ。
液体のみだなってときは洗面台で吐いたりもした。
洗面台の方が楽だなとか思ったりしたけど…。

しかーし!
吐き続けて慣れてくると、トイレが一番心地いいんだと発見しました。

まず、トイレの便器に手のひらをついて吐く体勢はダメ。吐きづらいし、足は立ったままだと何度も吐くとき体力が持たない。吐くって言ったって一度や2度で終わらないのだ。
1セット、約10~15はオエオエゲロゲロするんだもの。それが数時間おきにくるんだもの。

で、私が見つけた一番いい方法は便器になるべく近づくようにお尻を浮かせてしゃがむ。
いわゆる、う○こ座り。いや、ヤンキー座りというのかな。足は開脚してます。便座の高さがあるのでつま先で座るような感じ。そして便器に肘から手まで全てつくような体勢にするのです。寄りかかれるのでつま先座りでも安定してます。そうすると手の位置はウォーシュレットのある位置の上の便器に来ます。
そして顔は自然と便器と対面します。
重なった手におでこを思いきりつけます。
髪が長い場合は吐く前に髪を留めることを忘れなく。
そして、この時意外に出来ないだろうと思うくらいのひどい形相で吐きまくってます。見たことないけど…きっとそう。(((^_^;)おまけに涙は必ず出ます。
溜まります。



まあ、大体の方はそうしていて私が気づくの遅かったのかもしれませんが…。一番楽チンですね。

じゃばじゃば吐くので、返り血ならぬ返りゲロを顔に浴びるので、吐く前にトイレットペーパーを多めに入れておきます。それでも受けるときは笑って洗面台で洗ってください。

そして吐き終わったら口の中をこれでもかってくらいゆすぎます。
ブクブク、ゴロゴロ、おじさんがよくやるカーっぺ!みたいなのを水を喉の奥に浸して繰り返す。
鼻水も出たりするときは全部出して、鼻うがいもやる。もちろん吐くとついでに必ず涙もたまるので顔も洗う。\(^o^)/なんてかわいそう…。

もう、便座汚いとか女捨ててるとか…言ってられないんです。だから服装も使い古したような汚れてもいいようなどうでもいい服を着て過ごしてます。


吐くときも、はじめは小さめのオエっだったのに、いつのまにか、
よく芸人さんが大袈裟にやるオエっー!!ってすごい大きな声と共に1度か2度でゲロが出てくるようになりますからね。…不思議ですね。

まだまだ、毎日吐いてますが、大体午前中、ときどきお昼過ぎに吐いているくらいで水分と胃液くらいなので徐々につわりは落ち着いてきています。

よく思うのが、これを食べたあとに吐いたら…この食べ物が嫌いになるんじゃないかな…という恐怖心。吐いたビジュアルや匂いって結構、トラウマになります。

米やパスタは原型を留めて、喉を通り出てくるので
結構笑えます。
乳製品は吐いた後に匂いが…あぁ乳製品だわぁ…(((^_^;)と結構キツいレベル。
柿の種を吐いた時は、ああ意外とキッツイわぁと思ったり…。表現できません。

でもでも。吐き下しや食中毒を昔からよく経験してきた私は、知ってます…。
そのあと数年間は嫌いになってもまた、食べられる様になること。

胃腸が弱かった私は、覚えてるだけでポトフ、ミートソーススパゲッティや、カップヌードルのカレー味、牛スジや、ハンバーグ、一年前はモスバーガーのテリヤキバーガーも吐いたっけ。←風邪をひいたのに食べた。若干、肉よりですが…。
色々吐いたのに気にせず食べてますね。

吐くってめちゃめちゃ体力使うし、しんどく気持ち悪いけれど、時が経つと忘れてくんです。

先に経験しといて良かった~なんて思ったり。胃腸の弱い自分に何故か感謝した。

あとスゴく効いているから、これだけ吐いても胃や喉が切れたりしないのは漢方のお陰なのかなと思います。

2回目の点滴の後に、旦那さんが知り合いの漢方の先生につわりに効く漢方を頼んで送って頂きました。
結構な値段なのに、購入してくれる旦那さんに感謝してもしきれません。

最初の一週目は生姜とレモンのようなウウッッとなるような香りの黄色の飲み物を20cc程を毎食前に飲まされました。病院の出す粉の漢方と違ってお鍋で煮詰めて作るようです。料理をしない旦那さんが作ってくれて愛情を感じました。だから飲めたのかもしれません。ただ飲むと拷問だ~!!と言ってしまうくらい舌が苦くなる。旦那さんは大袈裟だと笑うけど。

二週目には八角と生姜を混ぜたような匂いのする茶色い汁を飲まされました。これもギョエー!というくらい飲んだあと顔が歪む。手をバタバタさせるくらい苦い飲み物。こんなの飲ませるなんてひどいよ~!と子供みたいに嘆く私に旦那さんがアハハ~と笑う。

そして今週は人参系の黄色の飲み物。よだれつわりに効くらしい。だけど、やっぱり飲んだあとのリアクションはうわー!!といった感じ。

毎回飲む量はすくなくても漢方の味は強烈です。
だけど漢方を始めたくらいから本当に徐々につわりが良くなっています。吐きまくる割には胃や喉を痛めないし。特に飲んだ後はスカッとします。

漢方を2、30分もかけて煎じてくれる旦那さんに
本当に感謝です。そして私のために特別に漢方を調合してくださり、手紙も添えてくださる漢方の先生の優しさにも大変感謝です。本当に助けていただきました。涙

妊娠して人のありがたさや、健康のありがたさ、
生きるってスゴく周りの人や目に見えない力に支えられているんだなと実感しています。

つわりが終わったらそんな暖かい気持ちをお返しできる様に私も人に優しくありたいです。